[NEXT] : [SKIP] : [TOP] : [UP] ::: [SF] : [HOB] : [PROF] : [TOOL] ::: [LINK] ::: [BBS] EUC-JP. Japanese. NetScape?

SF/VIFAM/BIKE/DUST/etc

2000年4月の出来事(民続日記)

ippo_x@geocities.com
BBS
    花 鳥
日共 
巡回 
軒先
芝居[voice]日記日記moonriders新曲試聴 .
dasacon
だって、DASACONだから。

#newで title skip
http://www.geocities.com/ippo_x/s_diary.html でアクセス可

今月のお題:Who am I?(当てて下さい。)

2000/4/30(Sn) ヴァレンタイン卿の城 (ロバート・シルヴァーバーグ)」 ここは誰、私は何処?

2000/4/29(St) 「愛に時間を(ロバート・A・ハインライン)」 絶倫一大男物語



(SFマガジン6月号ディック短篇既読人以外にはネタバレ)

WHY?

ある日、”彼”は面白いバラードを思いついた。
早速歌う。
「彼らは〜やって来たぁ
 暗い宇宙を乗り越えて〜
 青い星へぇぇえ〜この地球へ〜」

リトル・グレイは困惑していた。地上の人以上に。
「な、なんで俺達はこんなとこに来てしまったんだ?
 ほんとはアンドロメダに行かなきゃならないはずのに、それも急いで。
 なんでだ? なんでなんだ? なにをしたいんだ?」

私の推測した「理由」。
多分当たっていると思う。


2000/4/28(Fr) 「スターシップと俳句(ソムトウ・スチャリトクル)」 間違っ(ってるけど間違いきってはなかっ)た日本人感にクラクラくる話、 だったと思う。記憶薄いや



じゅうたんばくげき


「今日も今日とてSETI猿で〜」
「そんな貴方に面白情報、ほら、Space-Server」
「へえ、全天画像の提供ですか」
「そう。逆に全地表という事で、ほら、Tera-Serverってのもあるよ」
「地球サイズまぴおん/まっぷふぁんですな」
「馬鹿言ってろ」
「ん? 待てよ、その路線で行くのなら、 NASAあたりからうまくすれば……あ、やっぱり。
 Mars-ServerにVenus-Server」
「おお、あるもんだな。
 およ?
 おい、金星や火星のデータ、地球のものよりも解像度が高いぞ」
「ええ? ……ほんとだ。……なんで?」
「んー。
 やっぱ、人間が住んで居るとやりにくい事ってのがあるんだろうな。
 高解像度の撮影をしようと思ったら、観測用ビーム、というか、 媒体も強力なものにしなきゃ駄目なんだろう。単に写真を取るのじゃなくて、 透過性のあるものとか」
「というと。……レーザーとか?」
「そうそう」
「放射線とか、中性子とか」
「そうそうそう」
「なるほど、そら地球には出来んわな。ジェノサイドになっちまう」
「なるなる」
「金星や火星ではジェノサイドにならなかったのか?」
「ジェノサイドもなにも生き物が見つかってないからなあ。殺せない」
「「あ。」」
「……殺せないんじゃ、なくって」
「……既に殺してしまったから、見つからない。とか」
「……このServer、全天があるんだぜ、おい」
「ああ、知ってる。余す所なく観測ビームが全表面を叩いているんだ」



元ネタはサブリミナルに「竜の卵」あたりかな。
快感だったからよかったものの、殺人光線になる可能性の方が高いよなあ


2000/4/27(Th) 「禅<ゼン・ガン>銃(バリントン・J・ベイリー)」 頑張れ拳銃を握った猿! そして胡椒!(嘘)

2000/4/26(We) キャメロット最後の守護者 (ロジャー・ゼラズニイ)」 詩感と死感を漂わす

2000/4/25(Te) 天国への門(ポール・プロイス)」 なんでブラックホールの話がキャンプファイアの話になるんだ?

2000/4/24(Mn) 「プタヴの世界(ラリイ・ニーヴン)」 「テレパシー」の職業病で銀河一つぶっとばす話



「ねえ、どうしてそんなに宇宙に行きたいの?」
「それは、聞き方が間違っているな。それに聞く相手を間違えてもいる。
 正しい質問はこうだ。
”どうしてそんなに宇宙に行きたくないの?”」


2000/4/23(Sn) 「大魔王作戦(ポール・アンダースン)」 科学ならぬ魔学が発達すると、のIFもの。オチはちょっと。

2000/4/22(St) 「キャッチワールド(クリス・ボイス)」 メチャクチャ(笑)

2000/4/21(Fr) 「中性子星(ラリイ・ニーヴン)」宇宙冒険野郎物語

2000/4/20(Th) 「バーサーカー/赤方偏移の仮面(フレッド・セイバーヘーゲン)」 人工知能がチェスで人間を負かすのはまあ奇跡ねと再確認させる様な作品集

2000/4/19(We) 「悪鬼の種族(ジェイムズ・H・シュミッツ)」 ハッタリと芝居勝ちの本。そこまで面白くはない?

2000/4/18(Te) 「冷たい方程式(トム・ゴドウィン他)」 宇宙にお転婆の生きる場所はないという痛切な教え

2000/4/17(Mn) 「スターマン・ジョーンズ(ロバート・A・ハインライン)」 信じてた女の子に最後の最後で大ドンデンがえ〜し

2000/4/16(Sn) 「地球からの贈り物(ラリイ・ニーヴン)」 タイムリー。スコーリアと比べて人体改造率に思いを馳せよう


?ポスト

「なんで、こんななんにもない丘の上に、こんなもの(赤いポスト)があるんだ?」
「さあ」
「結構歩いたよな、ここに来るまで」
「ああ」
「何もないよな、このあたり」
「回りを見てみろ。草と木だけだ。あとは、うっとおしい空、遠くに見える海」
「だよな」
「。」
「……届くのか?」
「さあ」

「あで? 奴から葉書だ。ええと、文面は」
『届いた。』
「……試したのか」


2000/4/15(St) 「プロテクター(ラリイ・ニーヴン)」 寝たきりにならずに老成するとどうなるか?

2000/4/14(Fr) 「宇宙零年(ジェイムズ・ブリッシュ)」 木星ハイウェイがメインに見えて実は全然無駄無駄無駄ァとだまされる

2000/4/13(Th) 「ガラスの塔(ロバート・シルヴァーバーグ)」 アーヴは青い、彼らは赤い。となるとこれはキャウ・キャット・キャンか?  中犬ハチ公物語

2000/4/12(We) 中継ステーション (クリフォード・D・シマック)」 田舎には多少変な事があっても許される

2000/4/11(Te) 「闇よ落ちるなかれ(L・スプレイグ・ディ・キャンプ)」 善良な奴ほど割を食う話。むくわれんむくわれん

2000/4/10(Mn) 「ジョナサンと宇宙クジラ(ロバート・F・ヤング)」 ピノキオのじいさんをロマンス化するとこうなる

2000/4/9(Sn) 「2001年宇宙の旅(アーサー・C・クラーク)」 映画見てモノリス見て後は全部忘れていい話

2000/4/8(St) 「2001年宇宙の旅(アーサー・C・クラーク)」 映画見てモノリス見て後は全部忘れていい話

2000/4/7(Fr) 月は地獄だ! (ジョン・W・キャンベル・Jr)」月面サバイバル。石鹸食べて生き残れ。 ランボーはいないがマッドサイエンチストは健在

2000/4/6(Th) 「アンドロイド(エドマンド・クーパー)」人間の女なんか捨てちまえよと最後に吠えれる、銀色の恋人女版あるいは元祖ヴァーチャルガール

2000/4/5(We) 「10月1日では遅すぎる(フレッド・ホイル)」早過ぎる訳でもなし。オーガスの元ネタ(?)

2000/4/4(Te) 「銀河辺境への道(A・バートラム・チャンドラー)」なんで惑星カレスの魔女といい、中年パイロットはイイ目ばかりを見るのでしょう

2000/4/3(Mn) 「デューン/砂漠の救世主(フランク・ハーバート)」映画になるまでは絵が石森章太郎さん。血縁の身勝手さが良く出てる話

2000/4/2(Sn) 「地球人のお荷物(ポール・アンダースン&ゴードン・R・ディクスン)」無邪気が狂気

2000/4/1(St) 「異次元の女王(C・L・ムーア)」松本霊士ファン専用、あるいはデュマレストサーガ短縮版


[←] 2000年3月へ2000年5月へ [→]
[Diary NOW] 現在進行形の日記
[TOP] ホームページ
[COUNTER]
[NEXT] : [SKIP] : [TOP] : [UP] ::: [SF] : [HOB] : [PROF] : [TOOL] ::: [LINK] ::: [BBS]


something tell me. [mailto:ippo_x@geocities.com] [BBS]