TOP / INDEX
Generated by nDiary version 0.9.4 on ruby 1.8.4 (2005-12-24) [i386-mswin32]
2006年4月の出来事
<< < 2006年4月 > >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Apr.1,2006 (Sat)

新年度おめでとうございます。

特につく嘘はありません。
そうだな、
今年もバリバリ頑張るか!
ぐらいか?

大変だなあ。
と人事のように。

■[iTunes] CD→MP3

iTunesは良く出来たソフトだと思います。

利点

  • CDを入れるだけで全自動
  • CDを吐き出してくれるとこまで全自動
  • CDDBが優秀
    (CD2WAVのfreedbとの比較。そっちには無いのもあるし、そっちではローマ字打ちのもきちんと日本語だったり)

弱点

  • Linuxでは動かない
    (MacとWinしかない)
  • 時々CDを入れても認識しない
    (別のソフトやフォルダ確認から見に行くと気づいて始動する。VMware上で操作してるせい?)
  • フォルダの切り方を制御できない
    (『iTunes Music/アーティスト名/アルバム名/各曲.mp3』でなく、『/アルバム名/各曲.mp3』にものすごくしたいんですけど。)
    (でないと、1枚のアルバムで複数のアーティストがあった時、非常にばらけたフォルダ構成になる。)

弱点ともいえないような弱点

  • 負荷高い
    (CD2WAV+WinGOGOとの比較だが、CPUを2〜3倍使ってる上に、体感ちょい遅い感じ?)
  • MP3タグの種類がID3v2
    (rubyでmp3infoというクラスを使ってるが、これがID3v1にしか対応してない。)
    (追記:取り込み設定でなく取り込んだ後、タグをIDv1に変換というオプション操作はある)

これでフォルダの切り方だけ制御できたらあとはまあ許せるんだけどなあ。
iTunesの設計思想から言って、そこを制御するようなオプションは無いだろうしこれからもつけないだろうなあ。と思うと先が暗い。
なんか美味い具合なコピーコマンド(エクスポート?)の方法があるのだろうか。

でまあ、大体CD1枚10分ぐらいな感じで、ざくざくMP3にしてHD上に展開でCDはもう押入れ行きかな! とかやってる訳ですが、
この10分毎というのも結構あれだ。
片手間に読書しようとしてるのだが、うまく邪魔される感じ。
何事もそうそう綺麗にはいきませんな。

あ! 『GUNSMITH CATS』のCDがケースだけで中身がない! があん、何処に行ったのだろう? あかん、心当たりのCDデッキの中やら棚の上には見つからない……あーあ。

ruby/mp3infoはもうちょいなんとかならんのかな?
それともクラスの存在を見落としてるのかな?
あるいはCで書かれた便利コマンドとかライブラリがあってすぐラッパできるのか?

Apr.2,2006 (Sun)

▽CD

手持ちのCDをMP3に変換完了。全部。iTunesは便利だね。
(あーでも、積んでる本の隙間からとかまだ出てきそうだなCD)

あ! askaのkicksも、ケースはあれど中身が無い。何処に行ったのだろうか……

さあて、残りはカセットテープとMDをどうするか、なんだが……
どうすればいいんでしょうか。
良いツールについて知ってる方は教えてください。
STSRECとかでWAVで、えーとWAV→MP3のいいのがあるのかな。3秒間空白で自動切とかノーマライズとかしつつの。
以前やろうとした時結構手間で途中でやめた記憶が微かにある。

▽エイプリルフール

あんまり4/1ネタを見なかった気がする。
やっぱ曜日が週末だから?
それとも私のアンテナが低いだけか。

□『マリア様がみてる くもりガラスの向こう側』

「マリア様がみてる くもりガラスの向こう側」読了。
 
あかん。あとがき読んだあとだと、このタイトルを見るたびにあの曲が!
余計な事書いてくれたなあそれまで意識してなかったのに。
 
お話は前回のあの日から数日後、祥子様の家にての女性メンバー揃っての新年会。
以前でいうと修学旅行の時のような、ピンのイベント話ですな。
で、まあ幾つかの伏線消化みたいな事をして次巻に続く、と。
お姉さまにデレデレで終わってしまいました。妹は?
時空の流れが遅いなあ。続き期待。

[cover] 題: マリア様がみてる―くもりガラスの向こう側
著: 今野 緒雪
発: 集英社
印: コバルト文庫
符: ISBN4-08-600743-6
日: 2006/03/31
品: 本
種: 文庫
型: 15 x 11cm
値: \440
文: 祐巳が祥子と迎える二度目のお正月は…!?
瞳子にロザリオを受け取ってもらえず、大泣きする祐巳。山百合会のメンバーは祐巳を薔薇の館へ連れ帰る。しかし祥子は、祐巳を放っておくように言って…!? そして正月、三薔薇姉妹が集まるが…。

amz L 1日 (r4) / bk1 絵 1日 (r2) (t6) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / blg / ecn / tcr / acj / lnp / rcl (r18) / blnrvws

□『彩雲国物語 藍より出でて青』

「彩雲国物語 藍より出でて青」読了。
 
番外編短編集。番外というより繋ぎシリーズという感じか。
ちょっと困り顔仮面とか、妖怪七箇所巡りとか、男前姉ちゃんの恋とか、
見どころはそんな感じかな。
大量に天才秀才異能者がぶち込まれる変なごった煮ワールドになったよなあこの話。
まあそれはそれで面白いんだけどさ。

[cover] 題: 彩雲国物語 藍より出でて青
著: 雪乃 紗衣
発: 角川書店
印: 角川ビーンズ文庫
符: ISBN4-04-449910-1
日: 2006/03/31
品: 本
種: 文庫
型: 15 x 11cm
値: \500
文: 書き下ろし新作小説も収録した、超豪華短編集が登場!!
会試直前の王都に現われた、天才・藍龍蓮が巻き起こす騒動とは!? 「王都上陸! 龍蓮台風」秀麗が茶州で過ごす初めての秋。「秋祭り」で不思議な出来事が!?「初恋成就大奔走!」新作書き下ろしも収録の豪華短編集!!

amz L 1日 (r8) / bk1 絵 1日 (t5) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 (r10) / blg / ecn / tcr / acj / lnp / rcl (r7) / blnrvws

□『レディ・ガンナーと二人の皇子 下』

「レディ・ガンナーと二人の皇子 下」読了。
 
バスケットってなんだったっけ?
ともう前の話を微妙に忘れた第三巻。
いつも通りにきっちり大団円に、やっぱり強力で持っていってました。
そつなく楽しいけどそれだけ、という感じもあるかな。

[cover] 題: レディ・ガンナーと二人の皇子 (下)
著: 茅田 砂胡
発: 角川書店
印: 角川スニーカー文庫
符: ISBN4-04-423107-9
日: 2006/03/31
品: 本
種: 文庫
型: 15 x 11cm
値: \540
文: 稀代のファンタジー作家が描く、お嬢様アクション最新刊!
エルディア王国での休暇中、ヴィンセントそっくりの少年を助けたキャサリンは、いつのまにか皇子暗殺事件に巻き込まれ……奇妙で独善的な王国の因習に、レディ・ガンナーが悪戦苦闘する、シリーズ屈指の大長編完結編

amz L 2日 (r1) / bk1 絵 1日 (r1) (t2) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 (r5) / blg / ecn / tcr / acj / lnp / rcl (r3) / blnrvws

□『家出艦長の里帰り ARIEL番外編2』

「家出艦長の里帰り ARIEL番外編2」読了。
 
本編を読まずに番外編だけちょろちょろというのもあれだけど。
この作者さんっぽい話でした。筆致がつらつらと流れ、ドタバタもありだけど一発締め。
イベント発生が恣意的だなという感じですが、お二人とも末永くお幸せに、と。

[cover] 題: ARIEL番外編2 家出艦長の里帰り
著: 笹本 祐一
絵: 鈴木 雅久
発: 朝日ソノラマ
印: ソノラマ文庫
符: ISBN4-257-77066-X
日: 2006/02/28
品: 本
種: 文庫
型: 15 x 11cm
値: \520
文: 死んでも帰りたくなかった実家に足を踏み入れるハウザーの傍らには、満面の笑みを浮かべたシモーヌが寄り添っている。ああ、無敵艦長に人生終焉の危機迫る! 人気シリーズ後日談、第2弾。

amz L 1日 (r2) / bk1 絵 1日 (r1) (t3) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / rcl (r1) / blnrvws

Apr.3,2006 (Mon)

「Landreaall」はいい漫画だねえ。
枕元に転がしっぱなしというのもあるけど、もう繰り返し4度ぐらい通読してるよ。
このひょうひょうとしてる感がたまらない。
んでもって学園してたりとか。
んでもって拳法やってたりとか。
妹さんかわいいねえ。
とまあ、そのあたりの4項目ぐらいが私の萌えポイント直撃かな?
作者さんのサイトとかみてると、
結構ミーハー成分で物語の基幹ができてるっぽいところもなんだか不思議というか心地良い一撃。
ファンタジーっていえば騎士と竜と姫でしょう! あと忍者! 忍者があるなら武士も居ないと! みたいなー。そういわれると確かにそういうノリですね、みたいな。

□『エビアンワンダー REACT 1』

「エビアンワンダー REACT 1」読了。
 
えびアン続き。お話は続く。という感じでしょうか。
話は進んでないけど深くなった感じ。

[cover] 題: エビアンワンダーREACT 1 (1)
著: おがき ちか
発: スタジオディーエヌエー
印: IDコミックス ZERO-SUMコミックス
符: ISBN4-7580-5114-3
日: 2004/12/25
品: 本
種: コミック
値: \580

amz L 2日 (r2) / bk1 絵 1日 / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / blnrvws

□『JINKI:EXTEND 6,7,8』

「JINKI:EXTEND 6,7,8」読了。
 
んー。この漫画。なんとなく買ったから、とりあえず最新刊まで追いかけたけど……
いや、面白く無い訳じゃないよ? 今風の話で女の子も可愛いし。
でもまあ、そんだけっつうか。
これ、ロボ漫画決定版みたいなこと言われてもちょっとだし。

[cover] 題: JINKI:EXTEND 6 (6)
著: 綱島 志朗
発: マッグガーデン
印: BLADE COMICS
符: ISBN4-86127-108-8
日: 2005/01/11
品: EXTEND 6 (6)BLADE COMICS: 本
種: コミック
値: \580

amz L 1日 (r2) / bk1 1日 / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / blnrvws

[cover] 題: JINKI:EXTEND 7 (7)
著: 綱島 志朗
発: マッグガーデン
印: BLADE COMICS
符: ISBN4-86127-171-1
日: 2005/08/10
品: EXTEND 7 (7)BLADE COMICS: 本
種: コミック
値: \580

amz L 1日 (r1) / bk1 1日 (r1) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / blnrvws

[cover] 題: JINKI:EXTEND 8 (8)
著: 綱島 志朗
発: マッグガーデン
印: BLADE COMICS
符: ISBN4-86127-243-2
日: 2006/03/10
品: EXTEND 8 (8)BLADE COMICS: 本
種: コミック
型: 182 /
値: \580

amz L 1日 (r1) / bk1 絵 1日 / rak 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / blnrvws

Apr.4,2006 (Tue)

▽桜

あちこちで満開という話を聞くけど、こっちはまだ全然だよ、
と思ってたが、今日ぐらいから蕾がほころびだした様子。

まあ、バイクでぶらぶらすると、既に満開になってる樹もある。公園にぽつんとあるのとかね。
種目の違いかな、それとも同じ土地でも気候的なもの(冷風の吹かない住宅街内部とか)があるのかな?
でも、満開の樹も、まだ散ってない。下の地面が真っ黒なままで、花びらの斑点がない。
そんな状況。

で、雨が降る。
あー。散っちゃうよお。

▽バーコード

バーコードリーダから自作ですよ!
→http://ippo.itbdns.com/barcode/
と強く主張したいが、
「それ使えるの?」と言われると、あーちょっとまだね。周辺ソフトも作りこまないと私本管理+USBバーコードリーダには負けるけどね。

所為『うっとり』する為のものですな。

あと、バーコードリーダがあっても、結局ぴっぴっとせずに積んでると全然整理にならない事に今更ながら気が付きましたよ。
・買ったら即ぴっぴ
・読んだら即ぴっぴ
・積む前にぴっぴ
みたいな習慣が無いと、最初の一月の「わーい(はぁと)」という期間が過ぎた後、結局整理つかなくなっているという……

本屋の店頭で「俺これ買ったっけ? 確か2週間前?」と首を捻った時に、「こんな事にならない為に蔵書管理したはずなのに!」と愕然としましたよ。

あ、でも、
簡単なRubyスクリプトでMySQLに繋げて、読了checkと置き本棚位置登録をしてるのですが、これは時に微妙に便利です。
レディ・ガンナーの冒険の新刊を読んだあと、あれの前巻何処においたっけとphpmyadminからISBN検索したらf5って答えが帰ってきて、f棚の5段目か、あったあった、とかやって再読した。
そこで何故phpmyadmin? きっちりプログラムかCGI作りこんでポスト私本管理しろよ! というのがまあ、ソレな点な訳ですが。

なかなか作る暇がねえ。
勉強兼ねてRailsでえいやっと作るか?

■[opera]サムネイルアンテナ

ブラウザのキャプチャがうまくいってねえな、と思ったら。
そうか! ブラウザと、キャプチャを実行している端末エミュレータは、同じワークスペースに居ないと駄目らしい。
そうなのかー。へーほー。
xwininfoで指定するIDだけじゃ駄目なんだあ。「そんなのねえ」みたいな。
それに立ち上がってるブラウザにURIを送るんじゃなくて、別途ブラウザを起動しちゃうっぽい。
いや?
そういうの関係なく、フリーズしていただけか?
なんか調子悪いな、という事か。
何週間も放置してればそりゃどっかでつまづくよ、ってな意味か。
原因がよく判らんなあ。

▽アンテナ

あー。

  • Ruby製の
  • アンテナのシステム

というのを探してます、といって、mixiだったかな? で色々教えて貰ったはず。
なのに、もう忘れてる! ログの彼方だし!
なんだっけ。
samidareと、えーと。他には。

アンテナ関係の微調整をかましたいのだが、
samidareで、別サイトから取得したsites.lirsは全面的に信用して再取得しない、という設定ができなかったっけ。
samidareは基本は全部自前で取得って構成らしいんだけど、そこをまげて。でないと余計なアクセス過多であちこちに迷惑かけそうで。

ってなのをサムネイルアンテナ絡みでやりたいのだがー。
結局アンテナプログラムを自作しろって話になるのかねー。
そんな手間暇かかることちょっとねー。興味はあるけど、時間がねえ。

lirsとかの解析クラスライブラリあったっけ?

□『小指の先の天使』

「小指の先の天使」読了。
 
この人らしいぐるぐるのぐにゃぐにゃ。
微妙に、作者の悪い面が出てる気もするなあ。
 
仮想空間に脳だけの存在となって移民した人々、はては脳すらも生身から電子へと脱却した人達の街。と、それに背を向けて現世に残り、果てにはその仮想街の為の施設を神殿として祭るようになった子孫達。の話。
というものの、多少時代を前後させながらの一貫したシリーズ+幾つかの類似テーマ作品の集成、と受けていいのかな。
 
うーん? と思ってしまうのは、どの一編を取っても同工異曲な点だ。多分あと一週間もしたら全部の話がごっちゃになって、各話毎に説明できなくなってる。それぐらい類似。
それをいうと、どの神林作品もそうだろ? というとそうだが、これはちょっとというぐらいに濃度が高いというか類似度がきついというか。
「認識者にとって外界がリアルかバーチャルかは結局判定不能」
「故に(1)、認識者にとってリアルとは俺がそうと決めたもの」
「故に(2)、認識者は常に不安につきまとわれ土台は崩される」
常に繰り返しこの3行ぐらいに戻ってきて、何度も何度もそこをなぞる。
 
えーと? と思ってしまう次の点は、バーチャルへの移民というのに関して、今となってはもっと別のビジョンが既知になっていて、これだけだとこう、偏って見える点だ。私はとりあえず山下いくとの漫画とかを思い出して、あっちは落ちた後にそれなりに救いのあるビジョンが見えたのに、こっちは暗いままだなあとか鬱々としたりした。
 
解説の桜庭一樹が熱かった。
そう言われればそうという気もしないでもない。

[cover] 題: 小指の先の天使
著: 神林 長平
発: 早川書房
印: ハヤカワ文庫JA
符: ISBN4-15-030841-1
日: 2006/03
品: 本
種: 文庫
型: 15 x 11cm
値: \693
文: 恋人同士がたがいに触れ合えないとしたら、ふたりはそんな世界をあきらめるだろうか?あるいは仮想世界の動物園でキリンが鳩を食べたとしたら、それは、現実に住まう神の御業なのだろうか?あるいは、仮想世界で生涯を終えた者がいて、果たしてその魂はどこへ向かうのだろうか?人間の意識と神についての思索が、現実と仮想のあいだを往還する―20年間の歳月を費やした、神林長平の原点にして到達点たる連作集。

amz 1日 (r1) / bk1 1日 (t1) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / blnrvws

Apr.5,2006 (Wed)

http://d.hatena.ne.jp/walkeri/20060404#p2
こちらより、
http://nb.nikkeibp.co.jp/free/x/20060328/20060328005467.shtml
鉄の人(ボトムズ作者)のインタビュー。

シンプルに生きようよ、という話か?
あと、脊髄反射的2ちゃん風妄動は慎めというかそれが常識人の道、とか。

ちょっとインタビュアーが邪魔、という感じかな。
(貴方が語ってどうする、主役が逆転。)

Apr.11,2006 (Tue)

あら?
なんかルータが落ちてたらしい。
時々あるなあ……買い換えようかしら……でも買い換えても同じ現象起きたら無駄だしなあ……
連続運用してると、そうだな、週一〜月一ぐらいで、なんかのタイミングでパケットがフン詰まりになる、みたいな感じ。

再起動して修正。

あら? でも、XREAが繋がらないな。なんだろう。メンテ?

□SFマガジン5月号

[cover] 題: S-Fマガジン 2006年 05月号
発: 早川書房
印: [雑誌]
日: 2006/03/25
品: 本
種: 雑誌
型: 21 x 15cm
値: \890

amz L 1日 / bk1 絵 1日 (t1) 】

西島大介&タカノ綾特集。
んー。あんま関係ない感じだな。

  • My Favorite SF 5 +2
    『太陽系最後の日』はもちろん既読。
    それよりSFマガジン持ってくるのは卑怯だよなあ。
  • 怨讐星域 1 約束の地 +1
    ”My Favorite SF”で振られていた「それからの『太陽系最後の日』」。
    単体としては微妙な出来だし、筆運びもどうかなと思うのだが、アイデアとこれからの展開にはちょっと目をみはる。どう転ぶのだろうか。人をまとめるのは恨み、とかいう法螺っぷり/リアルっぷりもSFでいいと思う。
  • フォクシーガール +2
    もうまんべんなくアホですが、もうまんべんなくえっちいので許可。変態。かわいい。アホやなー。
  • おまかせ! レスキュ〜 +1
    いい感じにいつも通り。今回はきっちりオチがついた感じで+2に近い。
  • SFまで10000光年 +1
    なにもかもみな、なつかしい……いかん、まぬけ時空に巻き込まれるぞ!
    琴線触れまくり。なにこの俺が居る感。
    それはそれとして、微妙に線が太いのがあったりしてフォントのぶれが気になるのでした。
  • 詩とダンス SF Magazine Gallery 5 +0
    悪くは無い、んだけど……
  • 火の星から飛んできたあの子たち +2
    あー。らしい。らし過ぎる。これがノスタルジーとSFだ。この人の種特別なセンスオブワンダーがある。
  • 小角の城 4 +1
    あ。なんかSFちっくな小道具が出てきて+美人が出てきて、それっぽくなってきたぞ。わくわく。
  • 罪火大戦ジャン・ゴーレ +0
    もう無茶苦茶ですな。全部投げっぱなし。まあ楽しいんだけど、ここはちょい点数減らしておこう。
  • 女神の箱庭 +1
    それなりだけど、それなり。面白いけど想定の範囲内でした、という感じか。この作者らしい話という意味でも、SFという意味でも。イーガンだったかな、のあの話とか思い出したけど、ネタの展開とか哲学とかが女性側に根ざしてるとこうなるのかあという感じ。まあ男性作家だとそれは、こう、生理的に想定したくなくて避けるよね。大事なとこだもんね。

Apr.13,2006 (Thu)

▽アンテナ

アンテナっぽいプログラムを自作しようとして、絶賛放置中。

Apr.14,2006 (Fri)

□『ファイブスター物語 XII』

「ファイブスター物語 XII」読了。
 
お、いつもより分厚くないですか?
巻末の駄目王女漫画がおもろいかねえ。
しばらくこれの新刊はおがめないのかー。遠い。

[cover] 題: ファイブスター物語 (12)
著: 永野 護
発: 角川書店
印: ニュータイプ100%コミックス
符: ISBN4-04-853950-7
日: 2006/04/07
品: 本
種: コミック
型: A5判 / 260p
値: \1,155
文: 待望の新刊! ヨーン、V、ちゃあを見逃すな!
永野護の人気コミック「ファイブスター物語」第12巻。「魔導大戦」の第2部、主要キャラが次々と語られる「TRAFFICS 3」を掲載。「プロムナード」では、メイド姿のちゃあに近付く謎の美少女と驚きの展開が!?

amz L 1日 (r15) / bk1 絵 1日 (t4) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / blnrvws

□『フラワー・オブ・ライフ 1,2,3』

「フラワー・オブ・ライフ 1,2,3」読了。
 
何処かの日記で面白い! とあり、更に完結と聞いたように思ったのでまとめて買ってみた。
完結してない。単に私の勘違い読み違いだったらしい。
でも、面白かった。
ほのぼの日常学園漫画、というか。

[cover] 題: フラワー・オブ・ライフ (1)
著: よしなが ふみ
発: 新書館
印: Wings comics
符: ISBN4-403-61749-2
日: 2004/04
品: 本
種: コミック
型: B6判 / 174p
値: \546

amz L 2日 (r12) / bk1 絵 3日 (r3) (t5) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / blnrvws

[cover] 題: フラワー・オブ・ライフ (2)
著: よしなが ふみ
発: 新書館
印: Wings comics
符: ISBN4-403-61792-1
日: 2005/05/25
品: 本
種: コミック
型: B6判 / 173p
値: \546

amz L 2日 (r14) / bk1 絵 1日 (r1) (t8) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / blnrvws

[cover] 題: フラワー・オブ・ライフ (3)
著: よしなが ふみ
発: 新書館
印: Wings comics
符: ISBN4-403-61829-4
日: 2006/04
品: 本
種: コミック
型: B6判 / 190p
値: \557
文: 春太郎たちの高一ライフも、年末にさしかかりました。すっかりマンガ道にめざめたヒヨコオタクの春太郎と三国くんは、マンガの合作に夢中。そしてそして、キングオブオタクの真島には、季節はずれの春到来。そんなこんなで迎えるクリスマスは、もちろん波乱でいっぱいで……!!? 大人気学園コメディ、最新巻登場!

amz L 1日 (r9) / bk1 絵 1日 (t1) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / blnrvws

Apr.15,2006 (Sat)

□『花よりも花の如く 4』

「花よりも花の如く 4」読了。
 
相変わらず面白い。
というか、彩起ちゃんがとても可愛いですよ? んで男二人で取り合いか、頑張れー。
じゃっぱ汁かあ。エラ、おいしいかなあ? いまいちうまくなかったと思ったんだが。

[cover] 題: 花よりも花の如く 4 (4)
著: 成田 美名子
発: 白泉社
印: 花とゆめCOMICS
符: ISBN4-592-17444-5
日: 2006/04/05
品: 本
種: コミック
型: 新書 /
値: \410

amz L 1日 (r4) / bk1 絵 1日 (t1) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / blnrvws

□『地球の静止する日 SF映画原作傑作選』

「地球の静止する日 SF映画原作傑作選」読了。
 
これはよかった。面白かった。
映像の方も一式みたくなった。レンタル屋おいてないかなあ。
ピリッとした短編集というのかな?
あとは、周りから吹き込まれた感があるが、やっぱキルドーザーですかね。おもろいなあ。
ミミックもいいな。あの気色悪さは、また別の話か映像でみたような気がするんだが。んー。なんだろう。結構色々数がある気がする。うち一つは、アニメのハウルの動く城の荒地の魔女が使ってた黒タールの下っ端燕尾服なんだが。

[cover] 題: 地球の静止する日―SF映画原作傑作選
著: レイ ブラッドベリ シオドア スタージョン
原: Ray Brudbery
訳: 中村 融
発: 東京創元社
印: 創元SF文庫
符: ISBN4-488-71502-8
日: 2006/03/23
品: 本
種: 文庫
型: 15 x 11cm
値: \1,050
文: 綺羅星のごとき名作SF映画の数々の中から知られざる原作短編を精選した、日本独自編集によるアンソロジー。有数の名作として愛されている表題映画の原作に加え、ブラッドベリが近年初公開した短編、スタージョンの手による原作として伝説的に語られてきた中編など本邦初訳作を収録。また、やはり初訳のハインラインの中編には、著者自身が撮影の舞台裏を明かした顛末記を付した。

amz L 1日 (r1) / bk1 絵 1日 (t1) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / blnrvws

□『夏期限定トロピカルパフェ事件』

「夏期限定トロピカルパフェ事件」読了。
 
どんな続きになるのかなーと思ってたが、かなり意外な展開。
ミステリ短編集としては、小粒な感じかな?
キャラクタ達に、精神的に君らは不器用だねえ、と突っ込めばいいのかなあ。
是非続きを出して、きっちり大団円にしておいて欲しい。

[cover] 題: 夏期限定トロピカルパフェ事件
著: 米澤 穂信
発: 東京創元社
印: 創元推理文庫
符: ISBN4-488-45102-0
日: 2006/04/11
品: 本
種: 文庫
型: 15 x 11cm
値: \600
文: 小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を!そんな高校二年生・小鳩君の、この夏の運命を左右するのは“小佐内スイーツセレクション・夏”!?待望のシリーズ第二弾。

amz L 1日 (r2) / bk1 絵 1日 (r2) (t10) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / rcl (r28) / blnrvws

□『とある魔術の禁書目録 9』

「とある魔術の禁書目録 9」読了。
 
まいど通りですね。学園都市に持ち込まれるやっかい、巻き込まれる主人公。
そして女難の相。
話が終わってないので、10巻が待ち遠しい。
あとはスルー伝説が今回はスルーじゃないっぽいので期待か。
 
新キャラがどんどん出てくる分(今回はヒロインが2人追加?)、どんどんインデックスの影が薄くなるねー。

[cover] 題: とある魔術の禁書目録(インデックス)〈9〉
著: 鎌池 和馬
発: メディアワークス
印: 電撃文庫
符: ISBN4-8402-3385-3
日: 2006/04
品: 本
種: 文庫
型: 15 x 11cm
値: \599
文: 学園都市最大級行事「大覇星祭」。それは、超能力開発機関である学園都市に存在する全ての学校が合同で体育祭を行う、という超大規模イベントだ。その行事には、もちろん上条当麻も参加する。しかし彼の“不幸”は健在で、空腹のインデックスには噛みつかれ、大覇星祭運営委員の吹寄制理には糾弾され、御坂美琴には競技中にビリビリを喰らわされ…!?そんな中、謎の霊装『刺突杭剣』を巡り、とある魔術師が学園都市に侵入した。オリアナ=トムソン。魔術業界屈指の「運び屋」で、『追跡封じ』と称される彼女の目的とは…!科学と魔術が交差するとき、上条当麻の物語は始まる―。

amz 2日 (r2) / bk1 1日 (r1) (t4) / rak 絵 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / rcl (r15) / blnrvws

□『ブラック・ベルベット 緑を継ぐ者と海へ還る少女』

「ブラック・ベルベット 緑を継ぐ者と海へ還る少女」読了。
 
シリーズの3巻ですね。巻数つけろよ! 判らなくなるよ!
で、お話は、ようやく舞台と登場人物が揃ったぐらいの感じか。
主要キャラが増えていく中で、
意外な人物が退場。退場しちゃうのかー。

[cover] 題: ブラック・ベルベット―緑を継ぐ者と海へ還る少女
著: 須賀 しのぶ
発: 集英社
印: コバルト文庫
符: ISBN4-08-600631-6
日: 2005/07/29
品: 本
種: 文庫
型: 15cm
値: \560

amz L 1日 (r2) / bk1 絵 3日 (t2) / rak 絵 3日 / bpl / yho / 7ay / htw / kin / wcp / bmp / mm / htn 絵 / blg / ecn / tcr / acj / lnp / blnrvws

Apr.16,2006 (Sun)

▽デジカメでバーコードリーダ

http://ippo.itbdns.com/barcode/

うちではどんな風に使ってるのか、を動画(カクカクしてるけど)で公開しました。
本のバーコードをUSBデジカメで読んで、Amazonに接続してタイトル取って、MySQLのDBにそれを入力しておく。というもの。
テストスクリプトだから、変なメッセージ一杯でてるけど、そこは見なかった方向で。
精度的・速度的にこのぐらいは出るよ、という。
ギリギリ実用ちゃうかなと私は思ってるんですが。

本のカバーめくったりつけたりデジカメを押し当てたり認識しないとちょっとずらしたり、確認にEnterキーを1冊につき3回ぐらい叩いたり、とまあ、ごそごそやってます。
で、それらをひっくるめて、9冊に3分。

その時の風景画像

その時のモニタの動画14MB3分弱

▽鼻の調子が悪い。

水っぱなというか、もう、よだれ。
ぽったんぽったんと垂れてるんですが。1日中。
ティッシュ1箱使った。なんだこれ。
あんまりフンフン鼻かんでると血出てきたし。

▽SF読書調査アンケート

あー。記憶が曖昧だ。タイトルしか覚えてなかったり、内容とタイトルが一致するか不安だったり。

「しあわせの理由」グレッグ・イーガン
「あなたの人生の物語」テッド・チャン
「たったひとつの冴えたやり方」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス
「冷たい方程式」トム・ゴドウィン
「接続された女」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
「たんぽぽ娘」ロバート・F・ヤング
「シェイヨルという名の星」コードウェイナー・スミス
「太陽系最後の日」アーサー・C・クラーク
「夜来る」(短篇版)アイザック・アシモフ
「愛はさだめ、さだめは死」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
「シャンブロウ」C・L・ムーア
「理解」テッド・チャン
「祈りの海」グレッグ・イーガン
「地獄とは神の不在なり」テッド・チャン
「地球の緑の丘」ロバート・A・ハインライン
「無常の月」ラリイ・ニーヴン
「フロストとベータ」ロジャー・ゼラズニイ
「鼠と竜のゲーム」コードウェイナー・スミス
「ルミナス」グレッグ・イーガン
「ブルー・シャンペン」ジョン・ヴァーリイ
「中性子星」ラリイ・ニーヴン
「バビロンの塔」テッド・チャン
「伝道の書に捧げる薔薇」ロジャー・ゼラズニイ
「残像」ジョン・ヴァーリイ
「無伴奏ソナタ」オースン・スコット・カード
「サンドキングス」ジョージ・R・R・マーティン
「霧笛」レイ・ブラッドベリ
「ビームしておくれ、ふるさとへ」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
「タイム・マシン」H・G・ウェルズ
「スポンサーから一言」フレドリック・ブラウン
「時の門」ロバート・A・ハインライン
「アルファ・ラルファ大通り」コードウェイナー・スミス
「パーキー・パットの日々」フィリップ・K・ディック
「そして目覚めると、わたしはこの肌寒い丘にいた」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
「貸金庫」グレッグ・イーガン
「万華鏡」レイ・ブラッドベリ

以上37作品で、あなたは43 人中 13番目で偏差値は57.2です。
『幼年期の終り』アーサー・C・クラーク
『夏への扉』ロバート・A・ハインライン
『火星年代記』レイ・ブラッドベリ
『虎よ、虎よ!』アルフレッド・ベスター
『地球の長い午後』ブライアン・W・オールディス
『万物理論』グレッグ・イーガン
『ハイペリオン』ダン・シモンズ
『ノーストリリア』コードウェイナー・スミス
《新しい太陽の書》ジーン・ウルフ
『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン
『宇宙船ビーグル号』A・E・ヴァン・ヴォクト
『ブラッド・ミュージック』グレッグ・ベア
『アルジャーノンに花束を』(長篇版)ダニエル・キイス
『エンダーのゲーム』オースン・スコット・カード
『竜の卵』ロバート・L・フォワード
『闇の左手』アーシュラ・K・ル・グィン
『宇宙消失』グレッグ・イーガン
『月は無慈悲な夜の女王』ロバート・A・ハインライン
『火星夜想曲』イアン・マクドナルド
《銀河帝国興亡史》3部作 アイザック・アシモフ
『中継ステーション』クリフォード・D・シマック
『重力が衰えるとき』ジョージ・アレック・エフィンジャー
『ディアスポラ』グレッグ・イーガン
『光の王』ロジャー・ゼラズニイ
『パヴァーヌ』キース・ロバーツ
『キリンヤガ』マイク・レズニック
『宇宙の戦士』ロバート・A・ハインライン
《銀河帝国興亡史》7部作 アイザック・アシモフ
『スノウ・クラッシュ』ニール・スティーヴンスン
『2001年宇宙の旅』アーサー・C・クラーク
『リングワールド』ラリイ・ニーヴン

以上31作品で、あなたは40 人中 14番目で偏差値は53.5です。

まあ、大した事ないってとこですか。

Apr.17,2006 (Mon)

▽アンケート

国内忘れてた。

『百億の昼と千億の夜』光瀬龍
『マイナス・ゼロ』広瀬正
『神狩り』山田正紀
『戦闘妖精・雪風〈改〉』神林長平
『ハイブリッド・チャイルド』大原まり子
『マルドゥック・スクランブル』冲方丁
『太陽の簒奪者』長篇版野尻抱介
『グラン・ヴァカンス 廃園の天使機挌浩隆
『かめくん』北野勇作
『銀河英雄伝説』田中芳樹
『星界の紋章』森岡浩之
『猫の地球儀』秋山瑞人
『あなたの魂に安らぎあれ』神林長平
《戦闘妖精・雪風》2部作 神林長平
《グイン・サーガ》栗本薫
《航空宇宙軍史》谷甲州
『家畜人ヤプー』沼正三
『第六大陸』小川一水
(十二国記)
小野不由美
『アド・バード』椎名誠
『永遠の森 博物館惑星』菅浩江

以上21作品で、あなたは115 人中 42番目で偏差値は53.0です。
「おーい でてこーい」星新一
「象られた力」飛浩隆
「太陽風交点」堀晃
「おもいでエマノン」梶尾真治
「太陽の簒奪者」短篇版 野尻抱介
「美亜へ贈る真珠」梶尾真治
「山の上の交響楽」中井紀夫
「老ヴォールの惑星」小川一水
「ボッコちゃん」星新一
「グリーン・レクイエム」新井素子
「時尼に関する覚え書」梶尾真治
「一人で歩いていった猫」大原まり子
「地球はプレイン・ヨーグルト」梶尾真治
「ハイブリッド・チャイルド」大原まり子
「銀河ネットワークで歌を歌ったクジラ」大原まり子
「ラギッド・ガール」飛浩隆
「ひと夏の経験値」火浦功
「午後の恐竜」星新一
「永遠の森」菅浩江
「漂った男」小川一水
「デュオ」飛浩隆
「夜と泥と」飛浩隆
「西城秀樹のおかげです」森奈津子

以上23作品で、あなたは101 人中 32番目で偏差値は54.5です。

やっぱり普通ですな。
常に偏差値50ですよ。

■[rails]rails1.1.2覚書:rake

rakeには便利なコマンドがあるが、なんて打ったらいいのかワカンネーヨ!

rake -T

で利用できるrakeコマンド一覧。

それを先に言えよ! rake - - help とか rake - - list とか変な頑張りしちゃったじゃんか!!

enginesから更にlogin_engineとかuser_engineとかして、利用コマンドがカスタムで増えた時も安心。ちゃんと rake -T で見たら中に入ってます。

■[rails]rails1.1.2覚書:engines

まず

./script/plugin discover
./script/plugin install engines

を忘れない事。
(plugin-installの使い始めの初期化と、enginesのインストール)

enginesはxxx_engineを入れる為の準備ユニット。
普通、pluginはinit.rbとlib/hoge.rbから成るが、xxx_engineはちょっと違う。

要するにenginesは、
$RAILS_ROOT/

$RAILS_ROOT/vendor/plugins/xxx_engine/
を被せるのだ。

例えば。
login_engineを入れると、http://localhost:3000/user/login なんかが動くようになる。
だが、
./app/controller/user_controller.rb
は存在しない。では何処に存在するのかというと、
./vendor/plugins/login_engine/app/controller/user_controller.rb
としてあるのだ。
他、dbからmodelやらviewまで同様。
rake db:migrate... をして、db/以下は空っぽなのに何故動く? と思うと./vendor/plugins/login_engine/db/にファイルが有ったり。

ちなみに
./app/controller/user_controller.rb
があるとそちら優先で、./vendor/plugins/login_engine/app/...の方は読み込まれない。

login_engineの組み込みは ./config/enviroment.rb内で

Engines.start :login

と書いて宣言して行う。この start の前に

module LoginEngine
  config hoge, 'fuga'
end

のような記述をする事で、設定のカスタマイズも可能。

■[rails]rails1.1.2覚書:login_engine
./script/plugin install login_engine

あとはまあ
./vendor/plugins/login_engine/README
に書いてある通りに。
しかしなんでこのREADME,config/enviroment.rbをいじった後別のとこいじってからもう一度config/enviroment.rbをいじるように書いてあるんだろう? あほちゃうか。

login_engineは
config/enviroment.rb
内にて

module LoginEngine
  config :use_email_notification, false
end

でEmail周りをOFFにしてくれる。
なんかもう一つそれ回りのoptionがあるみたいだけど、あれはこれをfalseにしとくとそれだけでアッパーにOFFになってくれるのかな?

READMEには

rake engine_migrate ENGINE=login

とあるが、rails1.1以降はこれは駄目。

rake db:migrate:engines:login_engine
#あるいは
#rake db:migrate:engines ENGINE=login
#でもいいのかな?

となる。
DBにtable user が生成される。

Vine3.2ではMySQLとの接続socketが、未設定では/tmp/mysql.sockになって失敗する。
config/dabase.ymlでadapterなんかと一緒に

  socket: /var/lib/mysql/mysql.sock

と指定すること。
apt-getしない場合とかで変わるのかねこれは。

rakeでDB作成後、になるのかな、とにかく一切の設定完成後に、
./script/serverでやってるなら、その再起動が必要。
でないと、helper/user_helper.rbがない、model/user.rbがない等と文句を言われる。

login_engine(のuser_controller.rb)に
index
は無い。
類するものとして
home
がある。あとは、login/logout, edit, signup, forget_password,
とまあ、更にそこから呼び出されるchange_passwordとかdeleteとかである。


だいたいこんな画面ができる。
ログインIDとパスワード入力。
でなければ新たにサインアップか、パスワード忘れ。
パスワード忘れでEmailを打つと、新たに生成されたパスワードがメール先に届く、はず。
今は、configで設定をOFFにしてたので、押してもリダイレクトで戻ってくるだけでなにも起きない。
 
 
 
 


サインアップ。
パスワードが短すぎたりすると文句を言ってくれる。layouts/user.rhtmlにstylesheet指定とかを入れとくと、エラーメッセージの枠を赤線にしたりとか飾りが入る。
あと、メールアドレスは1人に1つ。1メアドで複数人登録はできない。
 
 
 
 
 


名前変更とかパスワード変更がこんな感じ。
 
 
 
 
 
 
 
 


さっき言ってたエラー。
 
 
 
 
 

■[rails]rails1.1.2覚書:user_engine

login_enigneを入れた上で、user_engineを入れる。
でないと動かない。

入れ方はさっきと同じ ./script/plugin install user_engine でOK。
その先もだいたい ./vendor/plugins/user_engine/REAMDE 通りだが、DB作成は

rake db:migrate:engines:user_engine

なのはlogin_engineと一緒。
それから、

rake import_...

は存在しない。(もともとrake engine_migrateとほぼ同じものだったのが、統合されたってところか?)

rake bootstrap

は必要。rolesにGuest,Admin,Userを生成してくれる。あと、config/enviroment.rbで指定していたadminの作成。
この時、DBのtable user は空で無いといけない。でないとadminの作成に失敗する。
(login_engineの時にユーザ作成とかで遊んでたら、それを消して。)

rake tmp:session:clear

でsessionの初期化。(してないとうまく動かない)
rm ./tmp/session/*
でもいいと思うけど。
その上で、
./script/server
で動作。

app/views/layouts/role.rhtml
は作成して、

<%= engine_javascript "user_engine" %>

をheadに入れとくべきだろう。
roleのpermissionをON/OFFする時にall/noneという、全部チェック/全部チェック外すというのが有効になる。

だいたいこんな感じ。
scaffoldを基にしてカスタムしてあるのだろう、roleとpermissionというcontrollerが増えている。


role。User,Admin,Guestが存在。
 
 
 
 
 
 
 
 


User-roleをみてみるとこんな感じ。
 
 
 
 
 
 
 
 


User-roleの編集面。
現在Rails内にはuser,role,permission,それから試しに作ったtestというcontrollerがある。
その4つのcontrollerの、全てのactionについてcheckboxリストが並ぶ。
チェックの入ってるのが、Userが仕えるcontroller-action。
それ以外のところへ行っても /user/home にリダイレクトされて終わり。
 
 
 
 


試しに作ったtestは、indexだけdefしたやつで、
その内容もrender_textしただけ。
で、Adminだとこうして見えるけど、Userでアクセスするとリダイレクトされちゃうのを確認。
 
 
 
 
 
 


実は、上記のcontroller-actionはpermissionというDB-tableで管理されている。
 
 
 
 
 
 
 
 


リスト表示とかできるから、scaffoldまんまなんだろうね。
 
 
 
 
 
 
 
 


DBの構成はこんな感じ。
engineが絡むとまず engine_schema_info, schema_info が出来上がるらしい。
 
login_engineでできるのは users のみ。
 
user_engineでそれに加えてroles, permissons, 更にそれらの相関を入れる users_roles, roles_permissons ができる。
DB-tableが正規化されてるねえ。

Apr.18,2006 (Tue)

■[rails] relative_path

http://d.hatena.ne.jp/cuzic/20060326

インストールは

ruby script/plugin install http://opensvn.csie.org/relative_path/trunk

でもこれだと、

$RAILS_ROOT/vender/plugins/trunk

に出来るよ。

mv ./vender/plugins/trunk ./vender/plugins/relative_path

とかしました。

Apr.19,2006 (Wed)

▽虫歯

いい加減私の奥歯は上下左右全部だいたいどこも3列ぐらい全滅で銀色が詰まってるのですが、
まだ足りないようです。
右上? 一番奥?
ぐらいがやたらに痛いのです、今日の昼ぐらいから。
10秒に1度ぐらい
ずきん!
とくる。

あー。

集中できない。何もできない。

歯磨きが下手糞なんでしょうねえ。
一応やってるんだけどねえ。徹底が足りないか。

■[rails] user_engineとrelative_pathの食い合わせ

user_engineを入れると、RoleやPermissionというDB-table(scaffold)が増え、アクセス制御ができるようになる。
例えばscaffoldで作ったHogeControllerがあるとして、
New, List, Edit, Destroy, Show, Index
なんかのaction(def)がリストされて、checkboxがついて、これらについてAdminはアクセス許可/不許可、とか、CGI面で操作できるわけです。

この時、controller/actionのリストはpermissionsというDB-tableから得ています。
という事は、HogeControllerをいじって新しいaction(def)を加える度に、permissionsを更新しとかないと駄目なわけです。
更新は

rake bootstrap
#rake sync_permissions かな? それとも?

とすると大丈夫な様子。

config/enviroment.rb内に

UserEngine.check_system_roles

と入れると、./script/serverを起動する毎にpermissionの追加や削除も自動でやってくれるのかなーと期待したが、そうではないらしい。

さて、ここからrelative_pathを入れてみた話になるのですが。

で、そのアクセス制御を見てみると
New, List, Edit, Destroy, Show, Index
更に加えて
Redirect_to, Initialize_current_url, Default_url_options, Relative_path_prefix
なんてあるわけで。
なんだそりゃ? と思ったら、app/controller/application.rbの

include RelativePath

で組み込まれた訳ですな。

結局、これをコメントアウト→rakeで更新→コメントアウトを戻す
とかしてしのいでます。頭が悪い。

いや、

  protected
    include RelativePath
  public
    include LoginEngine
    ...

と書いてみたりもしたけど効能無しで、
じゃあと
./vender/plugins/relative_path/lib/relative_path.rb
の中に直接pretectedとかprivateとか書いてみたら、必要とされる場面で「protectedされてるから使えません」(そりゃそうだ)とか言われて駄目だったりで。
なんかいい工夫はないのですかね。

「これはactionじゃありません」
と明示的に宣言する方法と、それをModuleに対して、あるいはinclude時に指定する方法。

Apr.20,2006 (Thu)

■[rails]test-recordの保存?

rake db:schema:dumpとか(あと多分db:structure:dump)で、DBの構造は保存できるんだろうけど、実際に今あるデータ(レコード?)の保存はどうするんだろう。
それも、バックアップというよりむしろテスト案件として。
migrateの一部に登録する方法と言えばいいのかな?
とりあえずこのデータ入れて動作確認してください。その次にこのコマンド打つとまたDBがクリアな状態に戻ります、とか、そんなの。

■[rails]複数形→単数形の変形?
'test'.pluralize #=> tests

という、単数形を複数形にするメソッドはある。
逆はないのか。
というか、DB-table名(複数形)からそのidを作れたらいいのだが。
join_tableの作成時に居るのだ。
えーと、hogesという名からhoge_idが欲しい。

追記:
singularizeとかいうのがあるっぽい。

Apr.22,2006 (Sat)

■[rails]table_engine

table_engineというrails-pluginを作った。

enginesというpluginのお世話になりつつ、
login_engine, user_engineを更に入れつつ、

http://ippo.itbdns.com/repos/stuff/table_engine/trunk/
もしくは
http://ippo.itbdns.com/tmp/table_engine.tgz
あたりからで
table_engine
を置いてたりします。

http://ippo.itbdns.com/repos/stuff/table_engine/trunk/README
ぐらい読んでみて。

要するに、2次元の表/グラフを扱うってやつ。
例えば、
勉強会とか宴会とかの出欠表とか、
例えば、
読書アンケートとか。

表の2軸のうち、片方は入力を行う人間のリスト=ユーザー一覧、となるかな?
と思ったので、login_engineやらuser_engineやらを踏み台とした。


こんな感じで2次元の表が出ます。
無指定だと、とりあえず全ユーザ全データ。
採点表ないし出欠表のイメージ。
 
 
 
 
 
 


縦軸値、横軸値、それぞれグループ化されている事を想定。
例えばvolume1に属するものとか、Userグループの人の一覧とか。
そういう縛りをrow=hoge, column=fugaとか与えて絞込み。
 
 
 
 
 
 


え、縦軸がユーザー一覧の方がいい?
じゃあ、反転させましょう。
縦軸横軸入れかえ可能。
 
 
 
 
 
 


合計数値のグラフも出ます。
評価アンケートっぽく。
平均値+−標準偏差とか、投票人数とかも出ます。
 
 
 
 
 
 


もうちょっとアンケートっぽくすると、
「はい」と答えた人何人、
「いいえ」と答えた人何人、
みたいに、項目内の内訳毎に集計してグラフとか。
 
 
 
 
 


「edit」を押すと入力面。
こんな感じで好きに数値とか文字列とか入れてください。
 
 
 
 
 
 
 


数字じゃなくても入ります。
まあ、最初にDB-tableをStringで作ってれば。
数値に限定したりbooleanにしたりしてもいけるはず。
数値は試した。booleanは試してないけど。
 
 
 
 
 


集計値でソートしたらこんな感じ。
6,5,3と数字順。article1,2,3順でなく。
 
 
 
 
 
 
 


入力はinput textでなく、radiobuttonでもOK。selectも使えるし。
このへんは設定ファイル1行書き換えでいけるはず。
 
 
 
 
 
 
 


checkboxもいけます。
checkboxの入力値は0/1(数値ないし文字列)に換算されます。
(Rails標準仕様のようですね。)
 
 
 
 
 
 

とりあえず「動いたー」と喜んでるレベルな訳だが、
問題は山積み。

  • 標準化
    設定ファイルの作り方とか、moduleへの括り出しとか。判らんー。
  • 最適化
    中身のコードがねえ。すっごく力任せ。スマートで少ないコマンド量/SQL命令文作成とか、しないとまずいだろうねえ。10x10マスぐらいならまあ今のままでいいだろうけど、扱うデータ量増えた時が怖いねえ。
  • テスト
    実際これを使ってなんか作ってみて、不具合や必要機能をチェックしないとなあ。

他にも。

  • 有り方?
    要するに、modelを2つ指定するscaffoldを作りたい訳ですが、
    それってむしろpluginよりもgeneratorとして作る方がいいのか?
    んー、generatorの作り方判らん。
  • テストデータの入れ方
    えーと、fixtureとかなのか? rake bootstrap もどきとか。
    そのへんもう少しやりたいのだが、えーとどうやればいいのか判らない。どっかサンプル?
  • Railsコマンドにおける2次元データの扱い
    って、冷遇されてるっていうか、存在しないと思うんだけど、
    実はうまくするとあったんだろうか。私が見つけてない/工夫してないだけで。

Apr.27,2006 (Thu)

■[rails]はてな認証APIとアンケート

http://ippo.itbdns.com/test/rails/
いかんせん試作なので、
・おかしいところがあればどんどん連絡を下さい。
・時々止まってたりデバグってたりしてても許してください。

はてな認証APIを使ってみました。
これで、はてなアカウント持ってる人なら答えられるアンケートという形が出来たと思います。

なお、誰がLoginしたかはこちらのDBに記録が残ります。
(Loginしたか、というか、はてなと同名のユーザが作成登録される)

Railsアンケートプラグインを使ってみました。
そもそもアンケートのネタがなんかないかね。二次元表っぽいものなにか。

アンケートはそれぞれ

EXHAUSTIVE ESSENTIAL FANTASY READING LISTS
ファンタジーの書き手の基礎教養60冊といえばこんなものでは? というリスト。
の本を、-3〜3点で評価するというもの

早川・創元の4月刊行分文庫の既読チェック

ライトノベル4月刊行分の既読チェック
ラノベの杜〜新刊案内〜参考)

の3つとしてみました。

今月、ラノベを3冊しか読んでないと知ってショック。

Apr.28,2006 (Fri)

■[rails]色々

リファクタリング中。
見た目は全然変わらないんだけどね。内部構成は変わりつつある。
結局./lib/に全部放り込んで、各model/controllerはinclude hogeですますのが本道かねえ。あんまりenginesの意味がないような。
まあ、サンプルを兼ねるという点では有効か。

(*)
ActionViewにおいて、テーブルに縞々模様をつけようと思った。
1行毎にtableのtrにつけるclass/idを変更するってやつね。
別に自分で

 val = 1
 rows.each{ |row| val = 1 - val; ... }

としてもいいのだが、確か、
toggle
とかいうそれを代行してくれるメソッドがRailsにはあったはず
と思ったのだが見つからない。はてー?
何処だ?

cycleらしい。

(*)
あるクラスに未定義だったらメソッド追加というのを

def hoge; ...; end unless instance_methods.include?('hoge')

と書いて行った。
最初instance_methodをmethodsにしてて、Classには定義されてるメソッドnameとかが追加定義できなくて困った。気づくのにかなりかかったよ。
あと、methods.include?でなく、defined?でなんとかならんのか? と常々思うわけだが、そんなものはないらしい。

(*)
controllerのdef indexとかの末尾に
render :action=>'hoge'
とすると、viewのindex.rhtmlがなくても、hoge.rhtmlがあれば問題ないと判った。
というか、index.rhtmlは無視してそっちを読む。
ただこれ、
./script/server
を再起動しないと有効にならないのね……はまったよ。

なんだっけ、くまくまに常に再読み込み状態でデバッグ用に実行する、というのがあったような。

(*)
./app/controllers/application.rb
はあるのに、
./app/models/application.rb
とかそれに該当するものは無いのね。なんで?
それとも有るのを知らないだけ?
全modelに共通するものをdefineするには何処でするんだろうか。
./config/enviroment.rb
ですか?

(*)
relative_path周りが原因であろうエラーが出た。
redirect_to :back とかに対応してない?
:backとして動く時もあるようだが。

You have a nil object when you didn't expect it!
You might have expected an instance of Array.
The error occured while evaluating nil.[]
 
#{RAILS_ROOT}/vendor/plugins/relative_path/lib/relative_path.rb:39:in `url_for'
/usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/actionpack-1.12.1/lib/action_controller/base.rb:823:in `redirect_to'
#{RAILS_ROOT}/vendor/plugins/relative_path/lib/relative_path.rb:81:in `redirect_to'

(*)
relative_pathを入れた後にrake sync_permissionsとかするとredirect_toなんかがactionにカウントされる。
application.rb内とかで

  include RelativePath
  hide_action :initialize_current_url, :default_url_options, :redirect_to, :relative_path_prefix

としておくと吉。

(*)
app/views/layouts/hoge.rhtml
を用意しとくと、hoge_controller.rbからのレンダリングはそれを見てくれる。
で、hoge_controller, fuga_controller, mugi_controllerと作るうちに、
app/views/layouts/hoge.rhtml, fuga.rhtml, mugi.rhtml
エエイこれ全部
app/views/layouts/lauout.rhtml
にまとめたいんですが。3つとも内容は一緒なんで。
と思った時、どうすればいいのか。

  def index
    ...
    render :layout=>'layout'
  end

で出来るといえば出来るが、全controllerの全actionにいちいちそれを書くのはだるすぎる。
つまり、
default_render_option = {:layout=>'layout'}
とかないんですかって事だ。

あった。

class HogeController < ...
  layout 'layout'
  def index
    ...

でOKだ。
あれだったらapplication.rbに書いとけばよし。

(*)
hoge_engineって app/controller/application.rbは持ってたら駄目なのかな?
別にいいみたい。効いてるし。
まあ、サンプルとしての効能しかないな。大抵各個人でカスタムするファイルだから。

(*)
engineのスタイルシート、engine.css?ddddってなる。
癖に、再読み込みはされてないみたいだ。script/serverの再起動をしないとcssが更新されないのは、むしろブラウザの問題なのか?

■[rails]TypeKey認証

もしときました。
多分、動いてると主運だけど。
スタイルシートいじったり、メソッドをmoduleにくくりだしたり、しているテスト版

http://ippo.itbdns.com/test/rails/test/graph

Apr.29,2006 (Sat)

■[rails]色々

リファクタリング中。

(*)
ActionViewにはauto_linkとかtruncateとかのおもしろパーツが揃っている。

(*)
redirect_to :backなんてあるのか。
redirect_to 'http://...' もあるのか。
ちなみにルートに飛ぶ、というのは
redirect_to :controller=>''
でよかったのかなあ。

(*)
redirect_to :backでなく
今居る頁の前のページのURIを保持しておく、
ないし、
このリンクで飛ぶ時は引数として今頁のURIを渡す、
みたいな仕組みはデフォルトでは用意されていないのか。
url_forに組み込むか、
sessionで履歴を幾つか分は保持しといて……という実装だと思うが。

(*)
script/consoleでapp.hogeで色々参照できるって聞いた気がするのだが、なんかうまくいかないぞ?

Apr.30,2006 (Sun)

■[rails]認証とアンケート

http://ippo.itbdns.com/test/rails/

まあこんなもんでいいか。
色々と手をいれたいとこもあるが、一旦これで放置しよう。

各種微調整しました。

  • 投稿者のデータが見えるところもあります。
  • ログインすると投稿者のデータが見えるところもあります。

みたいに調整した。
何人投稿してて自分は何位、とか。

他人の投票数が見れたり、他人の投票の詳細が見えたり。
そのあたりはpermission一つで切り替えできるね、というテスト。

*リファクタリング残項目

link_to, redirect_to, そのあたりにおけるoptionの共有。
row_idとか、背景値として引渡してしまいたいものを今は明示渡しみたいな。

model-formの記入形態
よりRailsっぽくまとめなおした方がいいのか。微妙に冗長になりそうなのだが、その冗長度はあえて被るべきものか。

SQLコマンドの再記
ところで負荷計測ってどうするんだっけ? そこそこは最適化したSQLに置換したいなと思ったが。
複雑な統計値は含めない代わりに高速SQL出力に基づくグラフ表示な版とか。

groupingというのだろうか、頁がでか過ぎる時の分割。

■[rails]spectial(jascaffold)とlogin_engine/user_engineの噛み合わせ

がおかしい。
login/user_engineが生きてる状況でjascaffoldすると、その後script/server等が再起動しなくなった。Roleが云々というエラーを吐いている。

(*)
暫く作ってて、あ、あのモデルのscaffold忘れてた、と作成したら、
config/localyze.ymlが上書きで消されてしまった……
せっかく丁寧に日本語化したのに……

(*)
relative_pathはlink_to_unless_currentに対応していないらしい。残念。


最近
<< < 2006年4月 > >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2005 [ 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12 ]
2006 [ 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12 ]
TOP / INDEX